看護師求人の時代につれた変化

働きやすい職場環境は増えているのか

"看護師不足の影響を受けて、看護師求人も年々数が多く見られるようになってきています。その中でも、看護師がより働きやすい職場環境をつくりだしていこうとする動きが、各医療機関で見受けられるようになりました。
たとえば正社員としてフルタイムで働く看護師求人の場合ですと、看護師業務の中で必須となっている夜勤の回数を制限したり、勤務と勤務の間の時間を12時間以上空けたりすることを前提とした勤務形態をとる医療機関が増えています。また、子育てを理由とした離職率が高くなっている現状を鑑みて、病院内に託児所や保育所を併設し、子育て中の看護師の負担を減らすといった動きも見られます。そのほかにも福利厚生施設を設けたり、交替で長期休暇を取ることができるようなシフトを組んだりするなど、以前の看護師の職場よりも環境は改善される傾向にあります。
正社員としての看護師求人だけでなく、1日に短時間という勤務が可能なパートタイムの看護師求人も多くなりました。パートタイムでの勤務ですと、看護師が自分の好きな時間を選んで働いていくことができるという利点がありますし、夜勤や残業が発生しないために、日常生活にも余裕が生まれることになります。離職率は高い看護師ですが、何とか同じ職場で継続的に勤務することができるような職場環境づくりは、確実に進められています。"